毎日コロナの話で持ち切りですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

コロナ疲れやコロナうつということも言われてるように、

情報の渦や非日常の生活に自分のペースが乱されているという方も多いのではないかと思います。

このような状況下で、患者さまと向き合い施術をさせて頂いていると

「コロナの収束はいつになるのか、先行きがとても不安・・」

「予断を許さない状況が続き精神的に疲弊・・」

「家でニュースを見ていると体の緊張が抜けなくなり、夜も眠れなくなった」
というようなご相談を戴くことが多いです。

コロナウイルスによる混乱に巻き込まれている今の社会情勢や家でテレビから流れるコロナの報道見ていることで、皆さんの心身に影響を及ぼしているということを実感させられます。

今、コロナの感染により日本や世界中で起きていることに注意を向ける必要があります。

しかし、一方で「不安」や「恐怖」といった心理的状態が長く続くと、
感染症に対してご自身の生命力を弱めてしまうことにもなりますので、情報に向き合う場合の注意も必要だと思います。

今はまだ終わりが見えないトンネルの中にいる感じがありますが、光がまた見えてくることを信じて皆さまと困難な今を乗り切っていければと願っています。
「The night is long that never finds the day. Shakespeare」

「明けない夜はない。シェイクスピア」

itaria

関連記事

  1. 8月の営業日のお知らせ

  2. 当院の【コロナウイルス対策】

  3. 8月の営業日のお知らせ

  4. 『料金改定のご案内』

  5. 7月の営業日のお知らせ

  6. 5月のお知らせ