ヘルニアの手術をしてうつ病を発症するケースも!

お笑いトリオ・ネプチューンは名倉さんは、昨年慢性的な痛み・しびれを解消するために、頸椎椎間板ヘルニアの手術を受けて、術後わずか10日で仕事復帰をされました。

prm1903170009-p2

手術は成功して経過は良好だったにもかかわらず、「手術の侵襲という普通の生活圏にはないストレス」がもとで、うつ病を発症してしまいました。

ヘルニアの手術は、昔よりも入院日数が少なく済んだり、日帰りでもできてしまう手術が普及して、手術が以前よりも手軽にできるようになってきました。

しかし、頸椎椎間板ヘルニアで手術が適応となるのは、痛みやしびれではなく、四肢の麻痺があるかどうかです。

加茂医師(加茂整形外科医院院長)や北原雅樹医師(横浜市立大学教授)が下記のリンク先で言われているように言われているように、
術後のリスクや後遺症のことを考えると、安易に「とりあえず手術」をするのは危険だと思います。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67096

手術を受ける場合には、〝手術は本当に必要なのか〟を十分に考える必要があると思います。

関連記事

  1. お子様の施術依頼を多く頂いています。

  2. 整体でコロナウィルス対策!

  3. 124年前の今日、カイロプラクティックが誕生しました!

  4. 〘クイズ〙人間の骨は全部でいくつあるでしょう?

  5. 体の健康に関する三大勘違い!?

  6. 風邪をひいた時の整体治療