写真でふりかえるインド旅行記 ~バラナシ編~

ナマステ~(。-人-。) 吉原です。

今回でインド旅行記の最終回です。

旅の締めくくりはヒンドゥー教最大の聖地と言われているガンジス川があるバラナシへ向かいました。

ジョードプルから飛行機でデリーへ乗り継いでバラナシへ向かう予定でしたが…

ジョードプル空港で空港トラブルが起こり、乗る予定の飛行機が飛ばなくなってしいました…( ̄▽ ̄;)
空港トラブルって初歩的な停電とかでしょうか…。

小さなジョードプル空港は混乱してしまいました!

26992486_1395018627275028_5665496516607399215_n (1)

これぞジョードプルの悲劇!!( ̄▽ ̄;)

飛行機が飛ぶか飛ばないか分からないまま、空港で缶詰状態で待つこと10時間以上…

夜遅くになり、デリーへ飛ぶことがアナウンスがありました!

空港に残っていた人は皆さん歓声をあげます。

(まるで、映画アポロ13号の地球に生還するシーンのように。。地球 in space​​​​​​​)

遅い時間になりましたが、飛行機が飛んでくれました~\(~o~)/飛行機​​​​​​​
26992088_1395018803941677_3293436868190305156_n (1)




翌朝の早朝の便で、ようやくデリーから飛行機で目的のバラナシへ向かうことが出来ました。

なんと!!
バラナシへ着くとその日がたまたま年に一度のフェステバルの日でした。

現地の人曰く、バラナシへ500万人のインド人が集まってきていると言っていました。

町にはたくさんの人が溢れ
車が通れる大通りにもたくさんの、人、… 王様王様王様王様王様

1

夜になるとキャンドルに火を灯し、皆さん祈りを捧げていました。
8

6

11

小さな子供も。
4

10

雰囲気のあるおじさんもいました。写真を撮るとチップを請求されます!(笑)7

お祭りは夜遅くまで続いたようです。僕たちは翌日の朝に早く起きて沐浴の見学するため宿に向かい休むことにしました。

翌朝4時頃に起床し、ホテルからガンジス川に向かいました。

朝日を望むガンジス川の美しさはまた格別で神秘的でもあります。23376427_1322266267883598_4997959318429119470_n


こちらボートに乗りました
14

ボートからの景色
23435217_1322266817883543_6099230514413325390_n

洗濯物を石に叩きつけ洗濯をしています。
33

洗濯物を干しています。

31

32

インド全土から多くのヒンドゥー教徒が訪れて沐浴する様子が見られます。
24

26

聖なる川に祈りを捧げて身を清める人々の姿は、神聖で清々しい気持ちにさせてくれます。

ヒンドゥー教徒の最大の願いはこの町で死に、遺灰をガンジス川に流されることのようです。

ガンジス川には、生きてる人、亡くなった人、動物たちが常に近くにいます。

全てが近いから生きてることを実感することができ、『共存』の意味が分かるのかもしれません。


沐浴をしている人の近くで

顔を洗ったり、身体を洗ったり、洗濯物する人がいたりと・・・

もうなんでもありの世界です。

川のほとりで散髪をしている僧侶?
35

新聞を読んでいる人
36

祈りを捧げる人達
27

22

カメラを向けると気さくにポーズをしてくれました
21

雰囲気がある人。こちらの方は写真を撮るとチップを請求してきます!(笑)
19

こちらの方もチップを請求してきます。。(;^_^A
30

熱心に話を聞かれています。
23

サットサンの集まりでしょうか。皆さん聞き入っています。
37

笛を吹いています
39

こちらの男性は以前京都に住んでいたようで日本語がペラペラでした(笑)

38

午前中からたそがれている男性
28

★バラナシのグルメ情報

午前中はガンジス川の川辺を散策し、ランチはもちろんカレーです!(笑)

見た目では伝わりづらいですが具だくさんで美味しいですよ!
23131945_1314894791954079_8650206823505530953_n

バラナシにある有名なラッシーショップ「ブルーラッシー」

ご主人が手際よく木の棒を動かしています
42

出来上がったラッシーをコップに分けていきます
41

トロピカルなマンゴーラッシーの出来上がり!
27540319_1400835323360025_1640888654142348107_n

これで、8日間のインド旅行は終わりです。
長期のお休みを頂きありがとうございます<(_ _)>

今回の旅行で感じたことは、
インドはIT分野を中心に経済的な発展をしていますが、階級格差もあり貧富の差がとても大きな国で、とても裕福な方もいますが多くは貧困層の方です。 

身なりはボロボロの方でも、いきいきとした活力に溢れ、街中を颯爽と歩いています。
今回、実際にインドを訪れる事により、生命力に溢れ、エネルギッシュな国であるということを肌で実感することが出来ました。
また、熱心にヒンズー教を信仰されていて、日本では味わえない文化を感じることができました。

機会があれなガンジス川の上流にある聖地ハルドワール、南インドの幻の都ハンピ、インド北部の秘境ラダックにもいつか行ってみたいなと思います。

ガンジス川の畔にいた子供達
44

インド旅行記…完

【関連記事】

写真でふりかえるインド旅行記 ~ジャイサルメール編~

写真でふりかえるインド旅行記 ~タール砂漠編~

写真でふりかえるインド旅行記 ~ジョードプル編~

関連記事

  1. 至高のお肉を食しに♪

  2. 先週末は、少人数で下田にヒーリングの研修に行ってきました!

  3. 写真で振り返る、トルコ旅行記! ~イスタンブール編~

  4. しらとり台のひっそりと佇むカフェレストラン!

  5. シャンソンライヴのご案内

  6. 彼岸花。