◎症状は身体からの「声」です


気づく事から始まります


当院では、施術を介して本人の意識が変わる事に趣を置いております。

痛みや不調にだけにフォーカスしている方はなかなか良くならないように感じます。

施術後に痛みが「ある・ない」というような基準ではなく、
「身体が動きやすい」「自然と力が抜けるようになった」「呼吸がしやすくなった」「立つのが楽になった」というような身体の変化を実感できた時は、

施術を介して自分自身の身体と向き合えた時です。

なかなか良くならない方は、「痛み探し」ばかりしていて、このような身体の変化に意識が向かず気づけていないのです。

でも、そのような方でも施術を重ねていくと意識が変わっていきご自身の身体の変化を実感できるようになるのが整体の面白いところでもあります。

❇「表面的な即効性だけを求める方」や「自分の身体を大事にしていない方」など、痛みや不調は身体が発しているサインとは思えない方は、当院の考えや施術方法は少し合わないような気がします。

身体が痛みや不調といった症状を出してくるまでには、悪くなったプロセスが必ずあります。
痛みや不調といった症状は最終的な『結果』に過ぎません。
当院では、身体の状態・反応を見ながらその症状がどのような背景で起こったのかを考え、結果ではなく「症状の原因」に対してアプローチしていきます。


身体からの声に耳を傾けましょう


言うならば、身体に現れる痛みや不調といった症状は身体からの「声」です。

身体が「もう限界だよ…」とあなたに語りかけているのです。本当に良くなるためには施術を介してその声に耳を傾ける事が必要です。

整体の施術とは自分で気づけていないところを自己認識できるようにする意味合いもあります!

痛みや不調を恐れず、自分自身の身体を見つめなおし「症状の原因」を一緒に見つけていきましょう。

真っ暗で出口見えないトンネルを一人で歩むより、足元をライトの光で照らしてくれる誰かと一緒に歩んだ方が安心して出口に辿り着く事ができます。
一人ではどうしようも出来なかった事でも、二人三脚なら良くして行けるかもしれません。

 

関連記事

  1. 4月のお知らせ

  2. お子様の施術依頼を多く頂いています。

  3. ホームページをリニューアルしました!

  4. キャンセルポリシー

  5. ■適応症状について

  6. ◎施術をしながら「悪いですね~」と言ってしまう整体師の先生