◎風邪の時に整体を受けても平気ですか?

「風邪の時に整体を受けても平気ですか?」

このようなお問い合わせを頂く機会が多くあります。

答えはイエスです!

逆に風邪などで体調が悪い時こそ治療を受けて頂きたいとも思います。

風邪をひいている時に整体により身体を整えると、
鼻や気管支への過剰な交感神経の活動を落ち着かせ、副交感神経の活動を高めることにより、血液の循環を促し、気道の分泌物や鼻汁が薄まることで身体の内部洗浄を促します。

リンパの流れを促進し排泄を促し、炎症や感染によるうっ滞を緩めていくといった自律神経やリンパ系へのアプローチを行ない、身体を整えることで免疫力を高め風邪などの感染症に対する抵抗力を増す効果があります。

*アメリカのオステオパシーという療法の歴史を考えて見ますと、
抗生物質の無かった今から140年前に、腸チフスや肺結核などの現在でも命に対して重篤な影響を及ぼす感染症を、手技のみで治療してきたという実績があります。

風邪に対する手技療法の役割は

「治す」

ことではなく、治るための身体の環境を整えることだと思います。

治療をして治るための環境が整えば、すぐさまその場ですっかり治るわけでは無いですが、
施術後に熱が下がっていたり、施術後に熱がカーッと一時的に上がり、その後スッキリと良くなったといった例は多くあります。

*ただ、高熱などにより来院が難しい場合はご自宅で身体を休めることも大切です。

*また、こじらせてしまっている風邪は、肺炎になり命の危険性もありますのでしっかり病院にいかれた方が良いでしょう。

風邪は自らの体内の環境を整えるためには、またとない良い機会という側面もあります。

やたらに症状を抑えず、熱を下げようとせずに休息をとってうまく通り過ぎれば、
その後、以前よりもスッキリして体調が良くなるという事もあります。

また、身体を根本的に整え免疫力を高めることにより風邪をひきにくい身体の環境にすることも重要です。
なかなか風邪が治らない時、また風邪をひきやすい方は、お気軽にご相談して下さい。

 

関連記事

  1. 4月のお知らせ

  2. お子様の施術依頼を多く頂いています。

  3. ホームページをリニューアルしました!

  4. キャンセルポリシー

  5. ■適応症状について

  6. ◎症状は身体からの「声」です