◎健康的な正しい姿勢について

健康的な正しい姿勢・・・あなたはどのような姿勢を想像しますか?

まず正しい姿勢でイメージするのが、兵隊さんたちのような姿勢ではないでしょうか?

『直立不動で、胸を張り、身体をピシッ』と真っすぐにしている!
*芸能人で言いますとオードリーの春日さんです。

いかにも正しい姿勢だ!と思いがちですが・・・
人間の身体は体液(血液・リンパ)と呼吸が常に滞りなく全身を循環しているのが健全な状態です。直立不動で身体をビシッとしてしまいますと体液と呼吸の循環が滞ってしまいます。実はこの姿勢は決して健康的な姿勢ではありません。

この姿勢は肩にかなり無駄な力が入っていると思います。
肩こりの原因にもなります。

過度に腰が反ってしまい腰痛の原因にもなります。

健康的な姿勢とは言えません。

雑誌やテレビなどの姿勢特集を見たり、整体院やカイロプラクティック院で間違った「正しい姿勢」を指導されている方も多くいらっしゃいます。

悪い姿勢を一生懸命に良くしようと、背中を伸ばし胸を前に突き出して、それを維持しようと、肩に力を入れて、眉間にシワを寄せて良い姿勢をキープしようと力んでいる方を見かけます。

一見姿勢は良いように見えるかもしれませんが、全身が疲れやすくなったり、身体のあちらこちらにコリや痛みが出やすくなります。また、力んでいますので相手に与える印象も悪いものとなってしまいます。

「姿勢が悪いから肩こりになってしまう…」

「足を組むから骨盤が歪んでしまう…」
という風に思い込んでいる方が大変多くいらっしゃいますが、、、それは間違っています!

姿勢というのは今のあなたの心身の健康状態を表しているバロメーターです!

(例えば…)
「気持ちが落ち込んでいる時は背中は丸くなります」

「お腹の調子が悪ければ背中は丸くなります」

「腰が痛ければ背中は丸くなります」

このように姿勢が悪くなっているには悪くなっている原因があります。
ですので、そのような時に無理矢理に姿勢を伸ばしてしまいますと身体は抵抗して様々な不調に繋がっていきます。

背骨の湾曲具合や筋肉の柔軟性が人それぞれ違ってきますので、本当の正しい姿勢は人によって微妙に異なります。

その人がリラックスできて、最も安定して、しかも疲れにくい姿勢が、その人にとっての正しい姿勢です。

その姿形を『自然体』と言います。

自然体とは疲れにくく、リラックスしていて安定している身体の状態です。

*野球選手のイチロー選手やフィギュアスケートの羽生弦選手などの一流のスポーツ選手の姿勢も自然体です。

身体の状態が崩れていますと、自分にとっての自然体が分からなくなっています。

整体の施術で身体を整えることにより、自分にとっての自然体とはどういう姿勢なのかを実感して頂き、その姿勢を意識できるようにします。

自然体とは新しく獲得するものではありません。
姿勢が悪いだなんて気にしていず、幼いころ外を元気に走り回っていた頃の姿形が自然体です。

小学1年生の時に、
「私は姿勢が悪い・・・」だなんて今のようには思ってはいなかったはずです。
*その後、親や先生などに間違った「正しい姿勢」を指導されて、自分の自然体を忘れていってしまったのかもせれません。

自然体というのは元々あなたの身体の深淵に刻まれている感覚です。

身体を整えることで、緊張した身体に「自然体でいいんだ」と教えてあげて、それに自分が気付くことが大切です。

治療というある種の体験を介して、自分が忘れてしまっている自然体の感覚を取り戻すことが重要です。

自然体とは単に疲れにくく見た目が良い姿勢というだけでなく、身体感覚の向上、精神面の安定性、相手に与える印象などさまざまな面で良い効果が得られると思います。

 

関連記事

  1. 4月のお知らせ

  2. お子様の施術依頼を多く頂いています。

  3. ホームページをリニューアルしました!

  4. キャンセルポリシー

  5. ■適応症状について

  6. ◎症状は身体からの「声」です